初心者でもわかる!無在庫販売のやり方 BASEで稼ぐ方法

無在庫転売





無在庫販売とBASEについて

はじめに、今回の記事では、無在庫販売というビジネスモデルと、
その実現に必要なツールであるBASEについて解説していきます!


無在庫販売とは?

まずは無在庫販売について説明します!


無在庫販売とは、商品を保管する倉庫や在庫を持たずに、
注文が入ってからメーカーなどに直接発注して商品を発送する販売方法です。


このような販売方法をすることで、
在庫リスクを回避することができるので、無駄に資金がショートするとか
そういう心配はありません。

BASEとは?

そして、無在庫販売に必要なツールとしてBASEがあります。

BASE:https://thebase.in/


BASEとは、ECサイト構築プラットフォームで、
無料で簡単に、自分のECサイトを作成することができます。


商品登録や注文管理、決済方法の設定など、
ECサイトを運営するために必要な機能がすべて備わっています。



これから、無在庫販売とBASEについて、より詳しく解説していきます。

無在庫販売の基礎知識

無在庫販売のメリット・デメリット

無在庫販売のメリットには、以下のようなものがあります。

初期費用が低く済む

在庫を持たないため、初期費用は0円で、
売れた時に商品を仕入れる為のに一時的に必要な金額だけなので
初期費用を抑えられます。

リスクが低い

在庫を持たないため、在庫過剰による在庫ロスのリスクがなく、
また在庫が売れないことによる在庫処分のコストも発生しません。

拡張性が高い

自社の在庫を抱える必要がないため、商品のラインナップを自由に変更・拡張できます。

ひなぱぱ
ひなぱぱ

やっぱり一番のメリットは在庫を持たないから、

金銭的なリスクはほとんどないってことだね!



一方、無在庫販売のデメリットには、以下のようなものがあります。

納期による問題

在庫を持たないため、仕入先の納期によっては商品を
発送するまでに時間がかかることがあります。
卸サイトでも1週間、中国輸入なら2週間程度かかります。

品質管理の難しさ

商品を直接顧客に発送するため、商品の品質管理が難しく、
クレームや返品が発生するリスクがあります。
ただ、私の統計上は1%未満です。中国輸入ならもう少しあるかも…

競争が激化

無在庫販売は誰でも手軽に始められるため、
競合が多くなりやすいというデメリットがあります。
商品の出品にはリスクがないので、他で差別化するしかないですね。

ひなぱぱ
ひなぱぱ

一番のデメリットは、競合が多い事。

いかに他人と差別化できるかですね!

無在庫販売で成功するためのポイント

無在庫販売で成功するためのポイントとしては、以下のようなものが挙げられます。


信頼できる仕入先の確保

納期遅延や品質不良を避けるために、信頼できる仕入先を確保することが大切です。
中国輸入は、まともにはなってきましたが、在庫がある事になってて在庫が無かったとか
日本じゃ考えられない事がまだありますからね…

効果的な顧客管理

顧客のニーズを把握し、迅速かつ適切な対応ができるように、
顧客管理を行うことが重要です。これはBASE内でもチェックできます!

適切な価格設定

競合が多いため、適切な価格設定が必要です。
価格設定は、仕入れコストやマーケティングコストを考慮した上で行いましょう。
なんだかんだ、これが一番重要です!

ひなぱぱ
ひなぱぱ

成功のポイントは、集客と価格です。

同じものを販売している人が多いので、出来るだけ価格を抑えて、

あとはSNSを使って集客!


また、海外からの仕入れを行う場合は、
配送や関税、品質に関するリスクが高まるため、注意が必要です。


有在庫販売なら、商品を大量に仕入れる事によって、
配送料を安くする事は可能ですが、無在庫の場合は1個販売が多いので、
配送料での節約は難しいです。


無在庫販売で成功するためには、
自社の強みを明確にし、他が販売しなさそうな商品を
取り扱うことも重要です。


また、正確な在庫管理を行い、
迅速かつ丁寧な顧客対応を心掛けることで、
リピーターを獲得し、売り上げの拡大につなげることができます。


以上のように、
無在庫販売にはメリットとデメリットがありますが、
適切な対策を講じることで成功することができますよ


次に、無在庫販売における主要なプラットフォームの一つ
であるBASEについて解説していきます。

BASEの基礎知識

BASEは、オンラインショップを簡単に作成できる、ECプラットフォームの一つです。


このプラットフォームを利用することで、専門的な知識がなくても、
誰でも簡単にショップを運営することができます。

BASEの概要と特徴

BASEの最大の特徴は、簡単にオンラインショップを作成できることです。


誰でも簡単にショップを作成できるため、
初めての方でも手軽にEC事業をスタートすることができます。


また、BASEは、多様な決済方法を提供しているため、
お客様のニーズに合わせた支払い方法を設定することができます。


さらに、スマートフォンやタブレットからもショップを作成できるため、
スマホでショップを運営することも可能です。


BASEは、豊富なテンプレートやカスタマイズ機能を提供しており、
自分好みのショップを作成することができます。


また、商品登録や在庫管理、注文処理なども簡単に行えるため、
ECビジネスをスムーズに運営することができます。

ひなぱぱ
ひなぱぱ

ECショップを立ち上げるだけなら無料です!

BASEで掛かる費用は販売手数料だけ!!



BASEの利用方法

BASEの利用方法は、以下の通りです。

  1. BASEの公式サイトにアクセスし、アカウントを作成する。
  2. ショップの設定を行い、商品を登録する。
  3. 決済方法を設定し、販売を開始する。

以上の手順を踏むことで、誰でも簡単にオンラインショップを運営することができます。


無在庫販売を始める前に知っておくべきこと

事業の種類や法律について理解しよう

無在庫販売を始める前に、まずは自分が行う事業の
種類や法律について理解することが大切です。


具体的には、個人事業主として開業する場合は、
確定申告や税金の払い方、社会保険などについて
しっかりと把握する必要があります。


また、法人として事業を行う場合には、
会社設立や取締役の任命などが必要となります。


事業の種類によっては、特定の法律や規制が存在する場合もありますので、
自分の事業に関する法律や規制についてもしっかりと把握しましょう。




商品選びの重要性と選び方

無在庫販売で成功するためには、商品選びが非常に重要です。
良い商品を選ぶことができれば、売り上げを伸ばすことができます。


商品を選ぶ際には、自分が興味や知識のある分野や、
ニーズの高い商品を選ぶことがポイントです。



また、競合との差別化を考えて、
独自の商品やサービスを提供することも重要です。


商品を選ぶ際には、販売価格や利益率、
仕入先の信頼性などを考慮することも大切です。


商品の仕入れ先を複数持つことで、
在庫切れや価格競争のリスクを軽減することもできます。

ひなぱぱ
ひなぱぱ

仕入れ価格を抑えるなら、中国輸入が1番。

だた初心者には、まずは国内の卸サイトが良いです!

仕入れ方法や資金調達の仕方

無在庫販売を行うためには、商品を仕入れる必要があります。


仕入れ方法には、卸業者やメーカーから直接仕入れる方法や、
ネットオークションやフリマアプリなどから仕入れる方法などがあります。


また、仕入れに必要な資金調達の方法には、
自己資金を使う方法や、銀行からの融資、
クラウドファンディングなどがあります。

ひなぱぱ
ひなぱぱ

僕は、はじめお金が無かったので、

メルカリで不用品を売ったり、自己アフィリエイトをしました。


資金調達の方法は、自分の事業に合った方法を選ぶことが重要です。




BASEで無在庫販売を始めるための手順


BASEは、手軽にオンラインストアを構築できるため、
多くの人が無在庫販売に挑戦しています。


ここでは、BASEで無在庫販売を始めるための手順を紹介します。

BASEのアカウント作成方法

まずはじめに、BASEの公式サイトにアクセスし、無料でアカウントを作成します。
アカウント作成にはメールアドレスが必要です。


アカウント作成後、BASEにログインして、オンラインストアの作成に進みます。

商品の登録

次に、商品を登録します。


商品の登録には、商品名、価格、説明、画像などが必要です。
商品説明は、商品の特徴や詳細を記載することが大切です。


また、商品画像は、商品を魅力的に見せるためにも重要です。
画像は1枚だけではなく、全て載せましょう!


商品登録が完了したら、オンラインストアで商品を公開します。


決済方法の設定方法

最後に、決済方法を設定します。


BASEでは、クレジットカードや銀行振込、コンビニ払いなど、
複数の決済方法を利用できます。


決済方法を設定することで、顧客が商品を購入する際に
スムーズに支払いができるようになります。


また、決済方法に応じた手数料が発生する場合があるため、
手数料についても事前に確認しておくことが重要です。


以上が、BASEで無在庫販売を始めるための基本的な手順です。
これらの手順を踏むことで、簡単にオンラインストアを作成し、
無在庫販売を開始することができます。

無在庫販売で稼ぐためのコツ

無在庫販売を始めたら、次はどのようにして売上を伸ばしていくかが重要です。
集客や販売戦略、顧客対応など、無在庫販売で稼ぐためのコツを紹介します。

集客方法と宣伝方法

無在庫販売では、商品の販売先がネット上のみであるため、
集客と宣伝が非常に重要です。


まずは、自社のSNSアカウントを作成することが必要です
その際には、商品の写真や説明文を魅力的に作成しましょう!


また、ブログ、口コミなどを活用した情報発信も効果的です。

一番相性が良いのはInstagramです。

InstagramにはInstagram販売という機能もあり、

Instagramで販売もできますよ!

販売戦略と商品の売れ筋チェック方法

商品の種類や価格、販売方法などを工夫することで、
販売戦略を構築することができます。


たとえば、同じ商品でも、セット販売や定期購入などの
販売方法を変えることで、売上を伸ばすことができます。


また、定期的に商品の売れ筋をチェックし、
在庫の調整や販売戦略の見直しを行うことが大切です



顧客対応のポイント

無在庫販売では、顧客対応が重要です。


顧客からの問い合わせやクレームには、
丁寧かつ迅速に対応することが必要です。


また、定期的に顧客にアフターケアを行い、
リピート率を向上させることも大切です。



顧客満足度の向上により、口コミやリピート率が上昇するため、売上拡大につながります。

ひなぱぱ
ひなぱぱ

一度販売したら終わりではなくて、

クーポンを配布するなどしてリピーターを獲得しましょう!



以上、無在庫販売で稼ぐためのコツについて紹介しました。
集客や販売戦略、顧客対応に力を入れることで、売上を伸ばすことができます。


しかし、競合が激化しているため、商品の選定や差別化にも注意が必要です。
目指す売上に合わせて、適切な販売戦略を構築し、日々改善することが大切です。


失敗しないために知っておくべきポイント

無在庫販売を行う上で、トラブルや競合他社との差別化、
セールスキャンペーンなど、失敗しないために知っておくべきポイントがあります。
ここでは、そのポイントについて解説します。


BASEでの販売におけるトラブルの対処方法

BASEでの販売において、商品が届かなかったり、
商品が破損していたりといったトラブルが発生することがあります。
その際には、まずはお客様に迅速に対応することが大切です。


また、返品・交換の手続きに関しても、BASEの規定に従い正確かつ迅速に対応しましょう。

ひなぱぱ
ひなぱぱ

中国輸入では商品の破損はまれにあります。

ただ僕の感覚だと1%もありませんが、評価が悪い業者はやめましょう!



競合他社との差別化方法

無在庫販売市場は競争が激しいため、
競合他社との差別化が必要不可欠です。


商品の値段だけではなく、サービスや購入特典、
ブランディングなど、様々な要素で差別化を図ることができます。


また、顧客とのコミュニケーションを大切にし、
顧客ニーズに合った商品ラインナップを提供することも重要です。

ひなぱぱ
ひなぱぱ

これは大事ですね!

ただ出品すれば良いわけではなく、売れている商品を出すのが重要です!



セールスキャンペーンの方法と注意点

セールスキャンペーンは無在庫販売での売上向上に大きく貢献するため、
積極的に取り組むことが望ましいです。


セールスキャンペーンにおいては、割引クーポンや送料無料キャンペーン、
ポイント還元キャンペーンなど、顧客にとって魅力的な特典を提供することが重要です。


また、セールスキャンペーンはあくまでも売上を向上させるための手段であり、
必ずしも利益を追求することが目的ではないため、注意が必要です。


以上が、無在庫販売で失敗しないために知っておくべきポイントです。
これらのポイントを抑えて、効果的な販売戦略を構築しましょう。


まとめ

今回の記事では、無在庫販売とBASEについて詳しく解説しました。


無在庫販売とは、商品を実際に持っていなくても販売できるビジネスモデルであり、
BASEはその無在庫販売に適したプラットフォームです。


無在庫販売を始める前には、事業の種類や法律、商品選びや仕入れ方法、
資金調達の仕方などを理解する必要があります。


また、BASEで無在庫販売を始めるためには、
アカウントの作成や商品の登録、決済方法の設定が必要です。


無在庫販売で稼ぐためには、集客や宣伝の方法、販売戦略や商品の売れ筋チェック、
顧客対応のポイントなどを押さえておくことが重要です。


さらに、トラブルの対処方法や競合他社との差別化方法、
セールスキャンペーンの方法なども知っておく必要があります。


最後に、今後はさらに競争が激化することが予想されますが、
新しい商品の開発や顧客ニーズに合ったサービス提供など、
積極的に取り組んでいくことが重要です。


今後の展望と今後の対応策

今後は、オンラインショップやECプラットフォームが
ますます普及していくことが予想されます。


その中でも、無在庫販売は低コストで始められる点や、
在庫を抱える必要がない点などから、
より多くの人々に注目されるビジネスモデルとなっていくことでしょう。


BASEも、今後はより多くの機能やサービスの提供、
ユーザーへのサポート体制の強化など、さらなる発展が期待されます。


無在庫販売を始める際には、常に最新情報にアンテナを張っておくことが重要です。


また、競合他社との差別化や、自社の強みをアピールすることも大切です。
新しい商品の開発や、自社でしか提供できない独自のサービスの開発にも
取り組んでいくことが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました